妊娠線とは?

妊娠線は、正式名称が線状皮膚委縮症というものです。
皮膚の病気であり、妊娠期や成長期、肥満によって急激に皮膚が引っ張られた場合、皮下組織の一部が伸びにくいので亀裂が生じ、皮膚表面から見たら赤紫の線となって現れる状態です。
現在のところ有効な治療法がないので、表面の赤みがひいた後は白に近い色へ変色し亀裂の跡はそのまま残ります。
治療法は確立されていませんが、自宅でケアする方法はあります。
肌の保湿と新陳代謝をアップさせることで妊娠線を大きくすることを防げるようです。
肌を保湿する方法の1つとして、顔のスキンケアと同じ方法でケアをすることができます。

そして新陳代謝をアップさせる方法です。
妊娠線とは皮膚が裂けて出来る傷のようなものなので、肌を生まれ変わらせていくことで改善させることができます。
新陳代謝は古い細胞を新しく生まれ変わるものですから、新陳代謝がアップすれば妊娠線が消える可能性があります。
新陳代謝を高めるためには、食生活の改善と運動、ストレスの解消などが有効な方法です。

妊娠線が消えない理由として、肌のターンオーバーをしない真皮まで裂けてしまうからです。
ここはどんなケアをおこなっても再生しませんので妊娠線を消すことはできません。
予防をしても半分以上の人が妊娠線はできます。
赤ちゃんの成長はコントロールすることはできませんが、急激に体重の増加に気を付け、保湿をおこなうことで予防をすることはできます。
今回は妊娠線について解説をしていきます。

Copyright © 2014 妊娠線って何? All Rights Reserved.